芸能人・経営者のおくやみ情報

星野道夫 氏(ほしのみちお)

写真家[日本]

(ロシアのカムチャツカ半島南部のクリル湖畔でヒグマに襲われ死亡。)

1996年 8月8日 死去享年45歳

星野 道夫(ほしの みちお、1952年(昭和27年)9月27日 - 1996年(平成8年)8月8日)は、日本の写真家、探検家、詩人。
千葉県市川市出身。
アラスカの野生動物、自然、人々を撮影した。
厳しい自然の中で動物が生きる姿、人間の生活、命の尊さを綴ったエッセイも執筆。
著書に『アラスカ 光と風』(1986年)、『旅をする木』(1994年)など。

関連作品

星野道夫さんが亡くなってから、26年と180日が経ちました。(9677日)

「星野道夫」と関連する故人