芸能人・経営者のおくやみ情報

東東洋(あずまとうよう)

絵師[日本]

(天保10年11月23日没)

1839年 12月28日 死去享年85歳

東 東洋(あずま とうよう、宝暦5年(1755年) - 天保10年11月23日(1839年12月28日))は、江戸時代中期から後期の絵師。
幼名は俊太郎、のち儀蔵。
姓・氏は東、名・通称は洋。
よって本来は単に「東洋」とするべきだが、本項目では一般的な表記である「東東洋」を採用している(後述)。
字は大洋。
最初の号は、玉河(玉峨)で、別号に白鹿洞。
仙台藩御用絵師を勤めた近世の仙台を代表する絵師の一人で、小池曲江、菅井梅関、菊田伊洲らと共に仙台四大画家の一人に数えられる。

関連作品

東東洋が亡くなってから、181年と335日が経過しました。(66445日)