芸能人・経営者のおくやみ情報

佐田介石

浄土真宗本願寺派・天台宗の[日本]

1882年 12月9日 死去享年65歳

佐田 介石(さた かいせき、文政元年4月8日(1818年5月12日)- 明治15年(1882年)12月9日)は、肥後国出身の幕末から明治初頭にかけての浄土真宗本願寺派(晩年は天台宗)の僧侶。
攘夷運動・梵暦運動の指導者。
号は等象斎。
肥後国八代郡種山村(現在の熊本県八代市)の浄立寺住職・広瀬慈博の子に生まれる。
幼名は観霊。
後に同国飽田郡正泉寺住職であった佐田氏の養子となる。
少年時代は熊本藩の藩校で儒学を学び、後に西本願寺において仏教修学に励んだ。
幕末に入ると、日本は開国をして西洋の文物が流入するようになると、介石は憂国の志を抱くようになる。
特に開国後の貿易開始に伴う経済の困難と西洋の学問の流入に関心を抱いた。
特に天文学の地動説は仏教経典にある須弥山中心とする宇宙秩序に真っ向から反する考えであり、このような考えが広まれば仏教そのものが滅亡してしまうと考えた。
だが、当時の仏教界は仏暦に関して余りにも無関心であった。
そこで介石は故郷に戻り自らの手で仏教天文学の研究を極めようと勉学に勤しんだ。
1862年、介石は『鎚地球説略』を著す。

関連書籍

「佐田介石」と関連する故人