芸能人・経営者のおくやみ情報

佐田介石(さたかいせき)

侶・浄土真宗本願寺派→天台宗[日本]

1882年 12月9日 死去享年65歳

佐田 介石(さた かいせき、文政元年4月8日(1818年5月12日)- 明治15年(1882年)12月9日)は、肥後国出身の幕末から明治初頭にかけての浄土真宗本願寺派(晩年は天台宗)の学僧。
攘夷運動・梵暦運動の指導者。
号は等象斎。
筆名に白川斎。
急激な西洋化に警鐘を鳴らし、仏教的天動説や自給自足論など日本独自の文明開化を説いた。
とくに外国製が国の成長を阻害するという佐田の「ランプ亡国論」は一時全国に知れ渡り、国産推奨の結社が各地で生まれた。

関連作品

佐田介石が亡くなってから、138年と362日が経過しました。(50767日)