芸能人・経営者のおくやみ情報

淵上旭江(ふちがみきょっこう)

絵師[日本]

(文化13年2月5日没)

1816年 3月3日 死去享年64歳

淵上 旭江(ふちがみ きょっこう、宝暦3年(1753年) - 文化13年2月5日(1816年3月3日)は江戸時代中・後期の日本の絵師。
名は禎、字は白亀、号ははじめ曲江のち旭光。
舎亭を鳴亭・画隠窟。
『日本勝地山水奇観』の著者として知られ、後の歌川広重にも影響を与え、明治時代の教科書にも挿絵として利用された。

関連作品

「淵上旭江」と関連する故人