芸能人・経営者のおくやみ情報

フェリーチェ・ベアトFelice Beato

写真家[イギリス]

(幕末に来日)

1909年 1月29日 死去

 - ウィキペディアより引用

フェリーチェ・ベアト(Felice Beato、1832年 - 1909年1月29日)は、イタリア生まれのイギリスの写真家。
後に英語風にフェリックス・ベアト(Felix Beato)と名乗った。
フェリス・ベアトあるいは苗字がベアートと表記されることもある。
1863年から21年間横浜で暮らした。
東アジアの写真を撮影した初期の写真家の一人であり、また初期の従軍写真家の一人でもある。
日常写真、ポートレイト、またアジアや地中海の風景や建物のパノラマ写真で有名である。
ベアトはいくつもの国に旅行し、それらの国、人々、事件を撮影したが、遠く離れてそれらになじみの少ないヨーロッパや北アメリカの人々にとって記憶に残るものであった。
インド大反乱やアロー戦争の記録も撮影しており、最初期の報道写真ともいえる作品を残している。
彼は他の写真家に大きな影響を与えたが、特に日本においては、非常に多くの写真家・芸術家に深く、かつ長期にわたる影響を与えた。

関連作品

フェリーチェ・ベアトが亡くなってから、113年と117日が経過しました。(41390日)

「フェリーチェ・ベアト」と関連する故人