芸能人・経営者のおくやみ情報

雷門小福 氏

落語家[日本]

2012年 4月7日 死去咽頭がん享年77歳

雷門 小福(かみなりもん こふく、1934年4月21日 - 2012年4月7日)は、愛知県名古屋市生まれの落語家である。
本名:中島(なかじま) 捨男(すてお)。
落語の世界に入って以来、ずっと地元名古屋を拠点としており、東京・大阪の業界団体には入らず、自前の芸能事務所を立ち上げ、独自の艶笑噺や人情噺を得意として、名古屋の大須演芸場を定席とし、長年活躍していた。
名古屋での活躍や本人の経歴については演芸研究家である瀧口雅仁による『噺家根問』に、晩年の活動・活躍については弟子の雷門獅篭が大須演芸場をテーマにしている漫画・著作類に詳しい。

雷門小福さん(かみなりもん・こふく、本名中島捨男=なかしま・すてお=落語家)7日午前9時30分、咽頭がんのため名古屋市の病院で死去、77歳。同市出身。葬儀は9日午前9時から同市北区瑠璃光町3の12の平安会館名古屋斎場で。喪主は長女松尾多佳子(まつお・たかこ)さん。

関連作品