芸能人・経営者のおくやみ情報

井上泰幸 氏

特撮映画美術監督[日本]

(「ゴジラ」「日本沈没」「竹取物語」など)

2012年 2月19日 死去心不全享年89歳

井上 泰幸(いのうえ やすゆき、1922年11月26日 - 2012年2月19日)は、日本の特撮映画美術監督。
「α企画(アルファ企画)」主宰。
福岡県出身。
通り名は「たいこう」。
東宝映画の特技監督・円谷英二の手がけた黄金期時代の全てのミニチュアセットに関わり、リアルに再現するために関わる作品の調査や研究、計算を細部にし、徹底的な資料集めをして創り込んだ。
その拘りは全ての作品で手を抜くことはしなかった。
その上でイメージボード、絵コンテ、セット図面を井上自身が書いた。
また、特撮の組織作りをして、時には怪獣やメカニックデザインも井上が手がけ、予算管理も井上が担った。
作品は怪獣映画だけに留まらず、ミニチュアセットに関わるSF映画、ファンタジー映画、歴史映画、戦争映画など幅広く、1970年の円谷の死去後もその姿勢は全く変わることなく、井上が手掛けたり関わった作品は160作品。
井上の元で働くスタッフから「井上学校」と言われ、多くの弟子を育てた。
ミニチュアセット製作でリアルに創り込むパイオニア的存在で、ミニチュアセットに空気の層まで取り込むことや、常に本物を再現することを追求した。
世界に誇れる日本のお家芸とも言われる特撮美術のミニチュアセットをリアルに創り込む先駆け的な役割の一人者。
1987年(昭和62年)の『竹取物語』・『首都消失』で日本アカデミー賞特殊技術スタッフ賞を受賞。

井上 泰幸氏(いのうえ・やすゆき=特撮映画美術監督)19日、心不全のため死去、89歳。福岡県出身。葬儀は近親者のみで行う。 円谷英二監督の怪獣映画などで特撮美術を手掛けた。映画「ゴジラ」シリーズや「日本沈没」「竹取物語」、テレビ番組「ウルトラQ」など多数の作品がある。 

関連作品