芸能人・経営者のおくやみ情報

三木稔 氏(みきみのる)

作曲家[日本]

(映画「愛のコリーダ」など)

2011年 12月8日 死去前立腺がん享年82歳

三木 稔(みき みのる、1930年3月16日 - 2011年12月8日)は、日本の作曲家。
徳島県出身。
旧制六高理科を経て東京芸術大学作曲科卒業。
作曲を池内友次郎、伊福部昭に師事する。
1953年に《交響的三楽章》がNHK芸術祭管弦楽曲公募で2位入賞、N響が初演。
しかし芸大卒業の年に父に逝かれ、短編映画・演劇などの仕事などで一家を支えるため通常の作曲界への登場は同世代の作曲家より大幅に遅れる。
1960年から数年、三木自身が高校時代に音楽へのめり込むきっかけとなった合唱に集中的に作品を提供し、《レクイエム》《阿波》などの合唱作曲家としての顔が最初に知られる。
1964年、他の14人と日本音楽集団を創立。
20年間に亘って音楽監督として箏、尺八、三味線など全ての邦楽器(日本楽器、和楽器)による現代的な合奏分野の確立に《古代舞曲によるパラフレーズ》《ダンス・コンセルタントI―四季》《巨火》などの作品を定着させつつ尽力、とくに開発から関わった二十絃、2年後に絃数が増えた新箏(にいごと、21絃)への《天如》《箏譚詩集》などの作品群は後の作曲家が範とする。

みきみのる [生]1930.3.16.徳島,徳島[没]2011.12.8.東京作曲家。1951年東京芸術大学音楽学部作曲科に入学。1953年,NHK芸術祭管弦楽曲公募で入賞。大学卒業年の1955年に父が死去,生計を支えるため映画や舞台の音楽を手がけた。大島渚監督の映画『愛のコリーダ』の音楽がよく知られる。1964年に邦楽器の現代的な表現を求めて日本音楽集団を創立,『古代舞曲によるパラフレーズ』『巨火(ほて)』などを書いた。その後,5世紀から20世紀の日本の各時代とその精神に迫る「日本史オペラ」をライフワークとし,37年の歳月をかけて『春琴抄』『あだ』『じょうるり』『源氏物語』『幸せのパゴダ』など9連作を2010年に完成させ,国際的に高い評価を得た。管弦楽曲,室内楽曲など外国からの委嘱作品も多い。1993年,日本,中国,大韓民国(韓国)の民族楽器群によるオーケストラ・アジアを創設した。1970年アルバム『日本音楽集団による三木稔の音楽』で芸術祭大賞,1979年アルバム『野坂恵子・三木稔/二十絃箏の世界』で芸術祭優秀賞を受賞。1994年紫綬褒章,2000年勲四等旭日小綬章を受章した。 (引用元 コトバンク)