芸能人・経営者のおくやみ情報

本多政武(ほんだまさたけ)

大和国高取藩主[日本]

(寛永14年7月13日没)

1637年 9月1日 死去享年40歳

本多 政武(ほんだ まさたけ)は、大和国高取藩の第2代藩主。
慶長3年(1598年)、初代藩主・俊政の長男として生まれる。
慶長15年(1610年)、父の死去により家督を継ぐ。
慶長19年(1614年)からの大坂の陣では徳川方に与し、翌年の夏の陣では道明寺口の戦いで武功を挙げた。
囲碁の名人でもあり、慶長15年(1610年)には囲碁本因坊戦で勝利している。
また、大坂城修築工事や高野山大塔造営奉行などで活躍した。
寛永9年(1632年)には徳川秀忠の遺物である銀300枚を拝領している。
寛永14年(1637年)7月13日に死去した。
享年40。
嗣子がなかったため、高取藩本多氏は無嗣改易となった。
表話編歴本多氏高取藩2代藩主 (1610年 - 1637年)本多家 本多俊政1600-1610 本多政武1610-1637 無継嗣、改易 1637年から1640年まで天領 植村家 植村家政1640-1650 植村家貞1650-1687 植村家言1687-1696 植村家敬1696-1731 植村家包1731-1738 植村家道1738-1767 植村家久1767-1778 植村家利1779-1785 植村家長1785-1828 植村家教1828-1848 植村家貴1848-1853 植村家興1853 植村家保1853-1868 植村家壷1868-1871 廃藩置県 「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=本多政武&oldid=81423072」から取得 カテゴリ: 尾張本多氏高取藩主外様大名江戸時代の囲碁棋士1598年生1637年没隠しカテゴリ: 出典を必要とする記事/2016年2月

関連作品

「本多政武」と関連する故人