芸能人・経営者のおくやみ情報

斎藤憐 氏(さいとうれん)

作家[日本]

(戯曲「上海バンスキング」「春、忍び難きを」など)

2011年 10月12日 死去肺炎享年72歳

斎藤 憐(さいとう れん、本名:安彦 憐(あびこ れん)、1940年12月25日 - 2011年10月12日)は、日本の劇作家。

斎藤 憐氏(さいとう・れん、本名安彦憐=あびこ・れん=劇作家、NPO法人劇場創造ネットワーク理事長)12日午前9時6分、食道腫瘍による肺炎のため東京都杉並区の自宅で死去、70歳。平壌生まれ。葬儀は近親者で行う。 1966年に俳優座養成所を卒業し、串田和美氏らと劇団「自由劇場」を結成。劇作の他、脚本、ドキュメントなど幅広く手掛けた。93年には、故井上ひさし氏らと日本劇作家協会の設立に尽力し、演劇普及や若手劇作家の育成に努めた。代表作に戯曲「上海バンスキング」「春、忍び難きを」など。東京都杉並区の劇場、座・高円寺(杉並芸術会館)館長も務めた。 (2011/10/13-15:15)

関連作品