芸能人・経営者のおくやみ情報

武田文吾 氏(たけだぶんご)

競馬騎手、調教師[日本]

1986年 12月3日 死去享年80歳

武田 文吾(たけだ ぶんご、1908年2月19日(1907年12月28日説もあり) - 1986年12月3日)は、元騎手(京都競馬倶楽部、阪神競馬倶楽部、日本競馬会、国営競馬)、元調教師(阪神競馬倶楽部、日本競馬会、国営競馬、日本中央競馬会〈JRA〉)。
北海道石狩国札幌郡江別村(現・江別市)出身。
1978年11月3日、勲五等双光旭日章を受章。
1986年、正六位叙位。
息子の武田博は日本中央競馬会の元騎手・元調教師。
名馬シンザンの鞍上としてクラシック三冠を制した元騎手・元調教師の栗田勝は娘婿。
尾形藤吉とともに「東の尾形、西の武田」と並び称された名調教師。
タケブン、ブンテキなどの愛称で親しまれた。
五冠馬シンザン・二冠馬コダマ・牝馬二冠馬ミスオンワードなどの名競走馬、また栗田勝・福永洋一などの名騎手を育て、人馬両面において中央競馬、とくに関西地区の競馬の発展に大きな足跡を残した。
2004年、日本中央競馬会の調教師顕彰者に選出され、殿堂入りした。

関連作品

武田文吾さんが亡くなってから、35年と0日が経ちました。(12784日)