芸能人・経営者のおくやみ情報

西山翠嶂 氏(にしやますいしょう)

日本画家[日本]

(本名・卯三郎)

1958年 3月30日 死去享年80歳

西山翠嶂 - ウィキペディアより引用

西山 翠嶂(にしやま すいしょう、1879年(明治12年)4月2日 - 1958年(昭和33年)3月30日)は、大正から昭和にかけて活躍した日本画家。
本名は卯三郎(うさぶろう)。
京都府生まれ。
竹内栖鳳に師事し、後に女婿となる。
その後文展・帝展で活躍し、審査員にもなる。
自らが創立した画塾青甲社からは、堂本印象・中村大三郎・上村松篁らを輩出した。
代表作に「青田」「青梅」など。
略年譜 1893年(明治26年)- 竹内栖鳳に師事 1898年(明治31年)- 京都市立美術工芸学校卒業 1919年(大正8年)- 第1回帝展審査員となる 1919年(大正8年)- 京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)教授となる 1921年(大正10年)- 画塾青甲社を主宰 1929年(昭和4年)- 帝国美術院会員となる 1933年(昭和8年)- 京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)校長となる 1944年(昭和19年)- 帝室技芸員となる 1957年(昭和32年)- 文化勲章受章 出典 外部リンク 西山翠嶂 - 京都市立芸術大学芸術資料館。

日本画家。京都生。名は卯三郎。京美工卒。竹内栖鳳の門に入り、内国勧業博覧会・全国絵画共進会等で受賞し、文展・帝展に出品を重ね活躍する等早くから頭角を現す。京都絵専教授・同校校長を務め、私塾青甲社を創立し、堂本印象・中村大三郎・上村松篁らの画家を輩出。後進の指導に尽力し、京都画壇で重きをなした。栖鳳の娘婿でもある。帝国芸術院会員・帝室技芸員。文化勲章受章。昭和33年(1958)歿、78才。 (引用元 コトバンク)