芸能人・経営者のおくやみ情報

石橋政嗣 氏(いしばしまさし)

政治家、元 日本社会党書記長[日本]

2019年 12月9日 死去老衰享年96歳

石橋 政嗣(いしばし まさし、1924年10月6日 - )は、日本の政治家。
台湾出身。
日本社会党書記長・副委員長・委員長を歴任した。
全駐労出身。
来歴・人物 生い立ち 台湾礁渓庄に総督府官吏・石橋政八郎の長男として生まれる。
台北一中を経て、台北高等商業学校(現・台湾大学)に進学する。
しかし、太平洋戦争の戦況が悪化すると、学生の徴兵猶予制度は廃止され、石橋も1944年に高等商業学校を繰り上げ卒業させられ、軍隊に編入された。
その後、熊本陸軍予備士官学校に入学し、1945年に見習士官となったときに終戦を迎えた。
1946年、仕事を求めて、長崎県の佐世保市に出た石橋は、同郷の人物の紹介で、進駐軍のための「勤労奉仕隊」の一員となった。
現地の労働者の中で最も学歴の高かった石橋はやがて、労働者の代表と見なされるようになり、21歳で舎監に選ばれた。
1947年には基地内に労働組合を結成し、その書記長となった。
政治家として 1951年に長崎県議会議員に当選。
社会党分裂後は左派社会党に属し、1955年に旧長崎2区から立候補して、衆議院議員に当選した。

関連作品