芸能人・経営者のおくやみ情報

松前重義 氏(まつまえしげよし)

科学者、教育者、東海大学 創立者[日本]

1991年 8月25日 死去享年91歳

松前重義 - ウィキペディアより引用

松前 重義(まつまえ しげよし、1901年(明治34年)10月24日 - 1991年(平成3年)8月25日)は、日本の官僚・政治家・科学者・教育者・工学博士。
東海大学創立者。
日本社会党衆議院議員。
内村鑑三に師事した。
日ソ交流を進めた。
世界連邦建設同盟(現、世界連邦運動協会)会長。
来歴・人物 熊本県上益城郡嘉島町に生まれる。
父は嘉島町の前身・大島村長を務めた松前集義。
旧制熊本県立熊本中学校(現・熊本県立熊本高等学校)から官立熊本高等工業学校(現・熊本大学工学部)を経て東北帝国大学(現・東北大学)工学部電気工学科を卒業。
逓信省に入省。
官僚時代に#無装荷ケーブル通信方式等の画期的な発明をなし、日本の通信技術の進歩に大きく貢献した。
1937年11月 東北帝国大学 工学博士 論文の題は「無装荷ケーブルによる長距離通信方式の研究」。
1940年に大政翼賛会が発足すると総務部長に就任したが、間もなく辞任。
1941年、逓信省工務局長に就任。
太平洋戦争開始後の1943年には、航空科学専門学校、1944年電波科学専門学校(1945年東海専門学校として合併、後に東海科学専門学校と改称)を創設。

まつまえしげよし [生]1901.10.24.熊本[没]1991.8.25.東京技術者,政治家,東海大学創立者。電信電話の無装荷ケーブル搬送方式の発明者。東北大学を卒業,逓信省に入る。1941年,大政翼賛会総務部長。1944年東条英機首相を批判,2等兵召集の報復を受けた。1945年逓信院総裁。公職追放解除後の1952年衆議院議員に初当選。右派社会党に属し,当選6回。1969年政界を引退。東海大学の育成に専念。1976年中道政治勢力の指導を夢み,「新しい日本を考える会」座長となった。 (引用元 コトバンク)