芸能人・経営者のおくやみ情報

森嶋通夫 氏(もりしまみちお)

経済学者[日本]

2004年 7月13日 死去享年82歳

森嶋通夫 - ウィキペディアより引用

森嶋 通夫(もりしま みちお、1923年7月18日 - 2004年7月13日)は経済学者。
大阪府生まれ。
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)名誉教授・元LSE Sir John Hicks Professor。
大阪大学名誉教授。
イギリス学士院会員。
京都帝国大学経済学部経済学科に在学中の1943年、学徒出陣により、20歳で徴兵される。
大日本帝国海軍に入隊し、通信学校を出た後、長崎の大村航空隊へ配属。
暗号解読を担当する少尉として赴任した。
大村航空隊では、通信将校として、数多くの特攻隊との通信、沖縄に向かった戦艦大和との通信、沖縄戦の通信などを担当した。
海軍中尉で敗戦を迎えた後、高田保馬・青山秀夫について経済学・社会学を学ぶ。
大阪大学社会経済研究所(阪大社研)においては、同僚の安井琢磨、畠中道雄、二階堂副包らと共に、阪大社研の黄金期を現出させた。
その後、研究所内部での意見対立もあって、1968年に渡英、エセックス大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の教授を歴任した。

もりしまみちお [生]1923.7.18.大阪[没]2004.7.13.エセックス理論経済学者。1946年京都大学経済学部卒業。1950年同大助教授,1951年大阪大学経済学部助教授,1963年同教授。1956~58年イギリスに留学。1968年再びイギリスに渡り,エセックス大学客員教授,国際計量経済学会会長などを歴任したあと,1970年ロンドン大学教授。1950年『動学的経済理論』,1973年『近代社会の経済理論』などを発表。マルクス理論の多くを評価しつつも独自の解釈を示して国内外で注目を浴び,日本の経済学を国際レベルに引き上げることに貢献した。海外の著名な大学から招かれ,アメリカ,イギリスのアカデミー会員にもなっている。1976年文化勲章を受章。1992年大阪大学名誉教授。『イギリスと日本──その教育と経済』(1977),『無資源国の経済学』(1984),『政治家の条件──イギリス・EC・日本』(1991)など著書も多い。 (引用元 コトバンク)