芸能人・経営者のおくやみ情報

オリヴィア・デ・ハヴィランド 氏Olivia De Havilland

女優[イギリス→アメリカ]

2020年 7月25日 死去享年105歳

オリヴィア・デ・ハヴィランド - ウィキペディアより引用

デイム・オリヴィア・メアリー・デ・ハヴィランド(Dame Olivia Mary de Havilland, DBE、[əˈlɪviə də ˈhævɪlənd]、1916年7月1日 - 2020年7月26日)は、アメリカ合衆国の女優。
女優としてのキャリア初期には清純な娘役を演じることが多かったが、キャリア後期には存在感のある重厚な役柄を演じている。
デ・ハヴィランドはイギリス人の両親の間に日本で生まれた。
妹のジョーン・フォンテインも日本の生まれで、デ・ハヴィランドと同じく女優の道に進んでいる。
デ・ハヴィランドの家系は、イギリス王室の祖にあたるノルマンディー公ギヨーム2世(ウィリアム1世)と共にノルマン・コンクエストに加わったノルマン人のド・アヴィル (de Haville) にさかのぼる。
1919年に一家は日本を離れて故国イギリスへと向かったが、旅の途中で姉妹が病にかかったため滞在中のカリフォルニアに、母子だけがそのまま移住した。
デ・ハヴィランドが出演した映画のなかでもっとも有名な作品として『風と共に去りぬ』(1939年)が挙げられる。
映画作品ではエロール・フリンの相手役を演じることが多く、『ロビンフッドの冒険』(1938年)、『無法者の群 (en:Dodge City)』(1939年)、『カンサス騎兵隊』(1940年)、『壮烈第七騎兵隊』(1941年)など、8作品で共演している。
デ・ハヴィランドは『遥かなる我が子』(1946年)と『女相続人』(1949年)で、アカデミー主演女優賞を2度受賞している。
妹のジョーン・フォンテイン ……

関連作品

オリヴィア・デ・ハヴィランドさんが亡くなってから、2年と70日が経ちました。(801日)