芸能人・経営者のおくやみ情報

シモーヌ・シニョレ 氏Simone Signoret

女優[フランス]

1985年 9月30日 死去享年65歳

 - ウィキペディアより引用

シモーヌ・シニョレ(Simone Signoret, 本名: Simone Henriette Charlotte Kaminker, 1921年3月25日 - 1985年9月30日)は、フランスの女優。
フィルム・ノワールのヒロイン、また娼婦役で強い印象を残した。
ドイツ・ヴィースバーデンにて生まれる。
パリで育ち、英語やラテン語の先生、またタイピストとして働いていた。
ナチによるフランス統治の間は、父親がユダヤ人であるということを隠して働いていたという。
家族を援助するため、また演技に興味を持ったために1942年からエキストラとして映画に出演し始めた。
1947年シュザンヌ・ビアンケッティ賞を受賞し、1958年の『年上の女』でアカデミー主演女優賞と、カンヌ国際映画祭女優賞をダブル受賞した。
1947年に映画監督イヴ・アレグレと結婚し、長女で女優のイザベル・アレグレをもうけたが2年後に離婚。
1951年にイヴ・モンタンと再婚。
1960年、二人はマリリン・モンローとアーサー・ミラーが住んでいたビバリーヒルズのホテルに滞在し、モンタンとマリリン・モンローの関係が不倫に発展したこともあったが、二人は彼女の死まで一緒であった。

関連作品