芸能人・経営者のおくやみ情報

大坂志郎 氏(おおさかしろう)

俳優[日本]

1989年 3月3日 死去がん享年70歳

大坂 志郎(おおさか しろう、1920年2月14日 - 1989年3月3日)は、日本の俳優である。
来歴・人物 秋田県能代市に生まれる。
旧制・日本大学第二中学校を中退し、「新築地劇団」研究生になる。
その後、早稲田高等工学校機械科を卒業、満州国鞍山市の昭和製鋼の社員を経て、1942年、松竹俳優研究所に入所し、1943年の吉村公三郎監督の『開戦の前夜』でデビューする。
応召するが戦後松竹に復帰し、1946年に「日本映画史上最初の接吻映画」と騒がれた『はたちの青春』で幾野道子とガーゼ越しのキスシーンを演じ、話題に。
清水金一や柳家金語楼などの喜劇への出演も多く、1952年には『新婚の夢』という喜劇タッチの小品に主演。
小津安二郎の『東京物語』に末弟役で出演した。
1955年、川島雄三監督と共に日活に移る。
主演級で迎えられるが、石原裕次郎らの台頭によりアクション映画が主流になると、脇役での出演が多くなり、オールラウンドのバイプレーヤーとして起用された。

関連作品