芸能人・経営者のおくやみ情報

チャールズ・トムソン・リーズ・ウィルソンCharles Thomson Ress Wilson

物理学者[イギリス]

(1927年ノーベル物理学賞受賞)

1959年 11月15日 死去享年91歳

 - ウィキペディアより引用

チャールズ・トムソン・リーズ・ウィルソン(Charles Thomson Rees Wilson, 1869年2月14日 - 1959年11月15日)は、スコットランドの気象学者・物理学者である。
C.T.R.ウィルソンとも呼ばれる。
若い頃に雲に興味を持ち、人工的に雲を発生させる実験を重ねて、水蒸気の凝結核として大気中に自然発生するイオンの存在を確かめた。
その実験装置はイオンを可視化する装置として改良されCloud Chamber(霧箱)と名付けられた。
1911年にX線やα線などの放射線の飛跡を可視化して写真撮影することに成功した。
霧箱はその後多くの研究者によって初期の原子物理学の研究に大いに役立てられ、その功績で1927年のノーベル物理学賞を受賞した。

関連作品