芸能人・経営者のおくやみ情報

シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールCharles Maurice de Talleyrand-Périgord

政治家[フランス]

1838年 5月17日 死去享年85歳

 - ウィキペディアより引用

シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール(Charles-Maurice de Talleyrand-Périgord, [talɛrɑ̃ perigɔr] 発音例1発音例2, 1754年2月13日(2月2日説も) - 1838年5月17日)は、フランスのフランス革命から、第一帝政、復古王政、七月王政までの政治家で外交官である。
ウィーン会議ではブルボン家代表となり、以後も首相、外相、大使として活躍し、長期にわたってフランス政治に君臨した。
日本では一般に「タレーラン」と略される。
姓はタレーラン=ペリゴールで、現代でもフランス有数の大貴族であるが、ブルボン王政ではオータン司教、第一帝政ではベネヴェント大公であった。
日本語でのカナ表記はタレーランまたはタレイラン。
有名な画家ウジェーヌ・ドラクロワは、その容貌、容姿の酷似やフランス政府の保護などから、息子ではないかといわれる。
フランス第二帝政の政治家シャルル・ド・モルニーは孫。

関連作品