芸能人・経営者のおくやみ情報

スタール夫人Anne Louise Germaine de Staël

批評家、作家[フランス]

1817年 7月14日 死去享年52歳

 - ウィキペディアより引用

アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタール(フランス語: Anne Louise Germaine de Staël,1766年4月22日 - 1817年7月14日)は、フランスの批評家、小説家。
フランスにおける初期のロマン派作家として政治思想、文芸評論などを行った。
多く、スタール夫人(フランス語: Madame de Staël)の名で知られる。
フランス革命からナポレオン・ボナパルトの君臨に至る時代、多くの政治評論を行い、ナポレオンと終生対立する運命となる。
彼女の正式な名前は、スタール=ホルシュタイン男爵夫人アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ネッケール(フランス語: Anne-Louise Germaine Necker, baronne de Staël-Holstein)。
フェミニズムの先駆者でもある。
生涯 スイスの政治家・財政家ジャック・ネッケルの娘として、パリで生誕。
幼くして、両親に連れられて、百科全書派の哲学者や文学者の集うサロンに足を運び、彼らから、その才能ぶりを絶賛される。

関連作品