芸能人・経営者のおくやみ情報

ピム・ファーベーク 氏Pim Verbeek

元男子サッカー選手、指導者[オランダ]

(日本では、大宮アルディージャと京都パープルサンガの監督を務めた。)

2019年 11月28日 死去享年64歳

ピム・ファーベーク - ウィキペディアより引用

ピム・ファーベーク(Pim Verbeek, 1956年3月12日 - )は、オランダ出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。
実弟は元大宮アルディージャ監督のロバート・ファーベーク。
Jリーグ時代の登録名はピム。
ファーベークは英語発音で、オランダ語発音ではフェルベークになる。
現役時代は主にオランダ・エールディヴィジのスパルタ・ロッテルダムでプレー。
NACブレダ、ローダJCでもプレーした。
現役引退後はフェイエノールトやFCフローニンゲンなどオランダのクラブで監督を務め、1998年途中から大宮アルディージャの監督に就任、1999年まで務めた。
大宮退団後はフース・ヒディンク率いる韓国代表のアシスタントコーチを務め、2002 FIFAワールドカップでの韓国の準決勝進出に貢献した。
ワールドカップ後はオランダのPSVの監督に就任したヒディンクと行動を共にし、PSVのアシスタントコーチを務めた。
2003年7月から京都パープルサンガの監督に就任。
しかし、その直後に来季からオランダ領アンティルの代表監督に就任することが報道され、物議を醸す。

映像作品

「ピム・ファーベーク」と関連する人物(故人)