芸能人・経営者のおくやみ情報

城卓矢 氏(じょうたくや)

歌手作曲家・菊地正規[日本]

1989年 5月9日 死去享年55歳

城 卓矢(じょう たくや, 1935年11月28日 - 1989年5月9日)は、日本の歌手、作曲家である。
本名・作曲家名は菊地 正規(きくち まさき)、1966年の改名前の芸名は菊地 正夫(きくち まさお)。
ヨーデルを得意とし、独特のハスキーとこぶしが特徴で魅力的な声の持ち主であった。
『骨まで愛して』のヒット後の一時期、映画俳優としても活動した。
人物・来歴 ウェスタン歌手として 1935年(昭和10年)11月28日、当時日本領であった樺太(現在のロシア共和国サハリン)に生まれる。
兄の正巳はのちの作曲家・北原じゅん(文れいじ)、作詞家・川内康範は叔父(叔母の元夫)にあたる。
第二次世界大戦中に父が死去、引き揚げて室蘭市で育つ。
長じて上京し、横浜市中区の曙町に住む。
ウィリー・ジェームズ(のちのウイリー沖山)とともにブルー・コースターズ(1956年結成)として活動していた瀬谷福太郎が、『NHKのど自慢』に出場してハンク・ウィリアムズの『ロング・ゴーン・ロンサム・ブルース』Long Gone Lonesome Blues を歌い、満点を獲得した菊地を発見、同バンドに加入させる。

関連作品