芸能人・経営者のおくやみ情報

アルベルト・カイプAelbert Cuyp

画家[オランダ]

1691年 11月15日 死去享年72歳

 - ウィキペディアより引用

アルベルト・カイプあるいはアルベルト・カウプ(オランダ語: Aelbert Cuyp, 1620年10月20日 - 1691年11月15日)は、オランダ黄金時代のオランダ人画家。
17世紀のオランダ絵画でもっとも主要な画家の一人である。
当時のオランダでも有名な芸術家一族の出身で、父ヤーコブ・ヘリッツ・カイプ (en:Jacob Gerritsz. Cuyp) に絵画を学んだ。
特にオランダ田園地方の早朝、夕暮れを描いた雄大な風景画に優れた作品を残し、温かな光の効果を多用した親イタリア派絵画作品で最も広く知られている。