芸能人・経営者のおくやみ情報

マルコム・XMalcolm X

公民権運動活動家[アメリカ]

1965年 2月21日 死去暗殺享年41歳

マルコム・X - ウィキペディアより引用

マルコムX(Malcolm X, 1925年5月19日 - 1965年2月21日)、出生名マルコム・リトル(Malcolm Little)は、アフリカ系アメリカ人の急進的黒人解放運動指導者、イスラム教導師である。
公民権運動の時代に活躍し、特に貧困層のアフリカ系アメリカ人から支持された。
彼はネーション・オブ・イスラムのスポークスマンだったが、後に教団を離脱した。
マルコムは、父親の死と母親の入院後、一連の児童養護施設や里親の家で青春時代を過ごした。
彼は20歳から27歳まで服役したが、刑務所の中でネーション・オブ・イスラムに参加し、マルコムXという名前を採用した("X"はアフリカ系の先祖代々の名字が不明であることを象徴している)。
マルコムXはその後12年間、組織の顔として活動し、黒人と白人の分離を提唱し、また非暴力と人種統合を重視するメインストリームの公民権運動を批判した。
マルコムXは1950年6月29日に当時のトルーマン大統領に宛てた手紙のなかで「自分は以前から共産主義者であった」と記述して以降、連邦捜査局(FBI)の監視下にあった。
1960年代になると、マルコムXはネーション・オブ・イスラムとその指導者であるイライジャ・ムハンマドに幻滅し始めた。
彼はその後、メッカへのハッジを完了した後、スンニ派イスラム教と公民権運動を受け入れ、エル・ハッジ・マリク・エル=シャバーズ(el-Hajj Malik el-Shabazz)として知られるようになった。
アフリカを横断した短い期間の後には、 ……

推定関連画像

マルコム・Xが亡くなってから、59年と152日が経過しました。(21702日)