芸能人・経営者のおくやみ情報

マルコム・XMalcolm X

公民権運動活動家[アメリカ]

1965年 2月21日 死去暗殺享年41歳

 - ウィキペディアより引用

マルコムX(Malcolm X, 1925年5月19日 - 1965年2月21日)、出生名マルコム・リトル (Malcolm Little)は、アフリカ系アメリカ人のイスラム教徒の牧師、人権活動家であり、公民権運動期に人気を博した人物である。
彼はネーション・オブ・イスラムのスポークスマンとして活躍したことで最もよく知られている。
マルコムは、父親の死と母親の入院後、一連の児童養護施設や里親の家で青春時代を過ごした。
彼はいくつかの不法行為に従事し、最終的には1946年に窃盗と住居侵入の罪で10年の実刑判決を受けた。
刑務所の中で、彼はネーション・オブ・イスラムに参加し、マルコムXという名前を採用した(アフリカ系の先祖代々の名字が不明であることを象徴している)。
マルコムXはその後12年間、組織の公の顔として活動し、黒人のエンパワーメント、黒人至上主義、黒人と白人の分離を提唱し、非暴力と人種統合を重視する主流の公民権運動を公の場で批判した。
マルコムXはまた、国家の社会福祉の成果のいくつか、すなわち無料の薬物リハビリテーション・プログラムに誇りを持っていた。
マルコムXはネーションが共産主義と結びついていると思われていたことから、1950年代以降の彼の人生は連邦捜査局(FBI)からの監視に耐えてきた。
1960年代になると、マルコムXはネーション・オブ・イスラムとその指導者であるイライジャ・ムハンマドに幻滅し始めた。
彼はその後、メッカへのハッジを完了した後、スン ……

関連作品

マルコム・Xが亡くなってから、56年と334日が経過しました。(20788日)