芸能人・経営者のおくやみ情報

今和次郎 氏(こんわじろう)

民俗学者[日本]

1973年 10月27日 死去心臓麻痺享年86歳

今 和次郎(こん わじろう、1888年(明治21年)7月10日 - 1973年(昭和48年)10月27日)は、民俗学研究者。
民家、服装研究などで業績があり、「考現学」を提唱し、建築学、住居生活や意匠研究などでも活躍した。
東京美術学校出身の画家でもあった。
弟の今純三は銅版画家。
早稲田大学理工学部建築学科で長く教壇に立ち、日本生活学会会長、日本建築士会会長も務める。
文化女子大学短期大学部現文化学園大学短期大学部との関わりもあり家政学を教えていたこともある。
どこへ行くにも背広でなくジャンパーを着ていた。
1888年(明治21年) 青森県(現・弘前市)にて、父成男、母きよの次男として生まれる。
1983年(明治25年) 弟純三が生まれる。
1906年(明治39年) 東奥義塾中学卒。
一家で東京市四谷に引っ越す。
東京美術学校図按化(現在の東京芸術大学美術学部)に入学し、デッサンの勉強に励む。
1912年(明治45年) 東京美術学校図按科卒。
岡田信一郎の薦めで早稲田大学建築学科助手に採用される。
佐藤功一に師事。
1914年(大正3年) 早稲田大学講師となる。

こんわじろう [生]1888.7.10.弘前[没]1973.10.27.東京社会学者,建築学者。1912年東京美術学校卒業。早稲田大学理工学部建築学科の助手となり,20年教授,59年の定年まで建築美学や装飾原理を教える。都市を通じて,そこで生活する民衆の生活に興味をいだき,都市の生活風俗を採集,記録しようとして舞台装置家の吉田謙吉らとともに考現学を創始する。考現学とは考古学が古い時代のことを考える学問であるのに対して,現代のことを考察する学問を意味する。最初の調査は25年,当時の流行の先端をいく東京銀座で人々の服装や身ぶりを採集,記録した『1925年初夏東京銀座街風俗記録』である。第2次世界大戦後は,生活学を提唱し,72年日本生活学会を設立した。著書に『日本の民家』(1922),『服装研究』(47)がある。 (引用元 コトバンク)