芸能人・経営者のおくやみ情報

サラ・ベルナールSarah Bernhardt

女優[フランス]

1923年 3月26日 死去享年80歳

 - ウィキペディアより引用

サラ・ベルナール(Sarah Bernhardt [saʁa bɛʁnɑʁt], 1844年10月22日? – 1923年3月26日)は、フランスの舞台女優。
フランスの「ベル・エポック」と呼ばれた時代を象徴する大女優として知られる。
普仏戦争前後に女優としてキャリアを開始し、すぐに名声を確立した。
ヴィクトル・ユゴーに「黄金の声」と評され、「聖なるサラ」や「劇場の女帝」など、数々の異名を持ったが、19世紀フランスにおける最も偉大な悲劇女優の一人であると考えられている。
ジャン・コクトーは「聖なる怪物」と呼んだ。
キャリアの終わり頃は初期の映画が制作された時代とも重なり、数本の無声映画に出演している。
社会史の観点からは、一つの文化圏/消費経済圏を越えて国際的な人気を博した「最初の国際スター(フランス語版)」としてしばしば言及される(cf. 19世紀における「世界の一体化」)。
また、彼女のために豪華で精緻な舞台衣装や装飾的な図案のポスターが作られており、「アール・ヌーヴォー」という新芸術様式/運動の中心人物であった。

関連作品

サラ・ベルナールが亡くなってから、98年と247日が経過しました。(36042日)