芸能人・経営者のおくやみ情報

田部井淳子 氏(たべいじゅんこ)

登山家[日本]

(女性で初めてエベレストに登頂)

2016年 10月20日 死去腹膜がん享年78歳

田部井淳子 - ウィキペディアより引用

田部井 淳子(たべい じゅんこ、1939年9月22日 - )は、日本の登山家。
女性として世界で初めて世界最高峰エベレストおよび七大陸最高峰への登頂に成功したことで知られる。
福島県田村郡三春町出身、埼玉県川越市在住。
プロフィール 1939年9月22日、福島県田村郡三春町に生まれる。
小学4年の時に栃木県の那須連峰に登ったことが登山家への意識の芽生えになったと言われている。
三春小学校卒業。
1962年、昭和女子大学英米文学科卒業。
日本物理学会で学会誌の編集に従事しながら社会人の山岳会に入会し、登山活動に力を注ぐ。
以後数年間、谷川岳や穂高岳でのクライミングに熱中する。
1965年、佐宗ルミエと共に、女性ペアによる初めての谷川岳一ノ倉沢積雪期登攀に成功(12月19-20日)。
1969年、「女子だけで海外遠征を」を合い言葉に女子登攀クラブを設立。
翌年にアンナプルナIII峰(7555m)に遠征して登頂に成功。
1975年、エベレスト日本女子登山隊 副隊長兼登攀隊長として、世界最高峰エベレスト8848m(ネパール名:サガルマータ、チベット名:チョモランマ)に女性世界初の登頂に成功。

登山家。 女性で世界初のエベレスト登頂、7大陸最高峰登頂を達成するなど、世界を代表する女性登山家として活躍。 登山とともに、新聞、テレビなどで活発に執筆活動などを行っている。 1939年9月22日、滝桜で有名な福島県三春町生まれ。 1962年、昭和女子大学 英米文学科卒業 1975年、女性で世界初のエベレスト登頂。 1992年、女性で世界初の7大陸最高峰登頂を達成。 2016年10月20日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)