芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャック・カゾットJacques Cazotte

作家[フランス]

1792年 9月25日 死去斬首享年74歳

ジャック・カゾット - ウィキペディアより引用

ジャック・カゾット(Jacques Cazotte, 1719年10月17日 - 1792年9月25日)は、フランスの作家・神秘思想家。
フランス・ロマン派の先駆者とされる。
「第三身分」出身だが、フランス革命には反対の立場を取った。
生涯[編集] ディジョンで生まれ、イエズス会系の学校で教育を受けた。
大学では法律を学び、27歳の時に海務局の監察官としてマルティニーク島に配属された。
ここでイギリス軍の攻撃を撃退しながら、この土地の有力者の娘エリザベート・ロアニャンと結婚し、その財産である農場でも働いた。
1759年、体調を崩した事を機に職を辞してフランスへ帰国し、相続したピエリー村(現在のシャンパーニュ地方のエペルネ近郊)の所有地に住んだ。
マルティニーク島の財産を売却した金をイエズス会の銀行に預金していたが、これを引き出すことが出来ずに後に訴訟を起こすことになり、イエズス会とは決裂するがキリスト教の信仰を捨てることは無く、敬虔なカトリック信者であり続けた。
またこれと時を同じくして神秘主義に傾倒し始める。
海軍省時代にもいくつかの作品を発表しているが、著作が本格的に為されるのは1760年以降である。
なお生活の拠点は自分の地所でありパリへは時折訪れる程度であった。
カゾットは所有地で産するワインの販売に力を入れ、1790年には村長に選ばれた。
彼が初めて挑戦した空想小説や戯れ歌は宮廷と人々の間で好評を博し、より意欲的な作品に取り組む ……

推定関連画像

ジャック・カゾットが亡くなってから、231年と301日が経過しました。(84674日)

「ジャック・カゾット」と関連する故人