芸能人・経営者のおくやみ情報

パブロ・ネルーダ 氏Pablo Neruda

詩人政治家[チリ]

1973年 9月23日 死去享年70歳

 - ウィキペディアより引用

パブロ・ネルーダ(Pablo Neruda、1904年7月12日 - 1973年9月23日)は、チリの詩人、外交官、政治家。
本名はリカルド・エリエセール・ネフタリ・レジェス・バソアルト(Ricardo Eliecer Neftalí Reyes Basoalto)。
チェコの詩人ヤン・ネルダから筆名を取ったが、後にこれを本名とした。
チリの国民的詩人として知られる。
生涯 バスク系チリ人の家庭に生まれる。
1934年、外交官としてスペインに赴任した。
スペイン内戦を目の当たりにして共産主義に接近し、人民戦線とスペイン共和国を支援した。
1945年には上院議員に当選、同時にチリ共産党に入党したが、1948年にビデラ政権によって共産党が非合法化されたため、国外逃亡を余儀なくされた。
イタリア亡命時代を題材に映画『イル・ポスティーノ』が作られた。
その後、1958年に共産党は再び合法化された。
1962年にはモスクワを来訪し、パキスタンの詩人ファイズ・アハマド・ファイズと出会い、その後も交友が続いた。

関連作品