芸能人・経営者のおくやみ情報

マティアス・ヤーコプ・シュライデンMatthias Jakob Schleiden

植物学者[ドイツ]

1881年 6月23日 死去享年78歳

 - ウィキペディアより引用

マティアス・ヤーコプ・シュライデン(ドイツ語: Matthias Jakob Schleiden、1804年4月5日 − 1881年6月23日)は、神聖ローマ帝国(現ドイツ)ハンブルク出身の植物学者、生物学者。
元々は弁護士であった。
1838年にシュライデンと同じくフンボルト大学ベルリンで研究していた同国出身の動物学者テオドール・シュワンと知り合い、シュワンと食事をしていた所、植物の細胞の話になり、お互い「あらゆる生物は細胞から成り立っている」と言う意見が一致した。
シュライデンは同年1838年に論文『植物発生論(Beiträge zur Phytogenesis)』の中で「植物は独立した細胞の集合体」であるとして植物の細胞説を、シュワンは1839年に論文『動物及び植物の構造と成長の一致に関する顕微鏡的研究』で動物の細胞説を提唱し、こんにち呼ばれる「細胞説」の提唱者として名高い。
その他の業績に、従来の乾燥標本による分類学的植物学に強く反対し、植物学研究に顕微鏡などの物理学的、化学的な機械器具の導入を主張した業績でも名高い。
小惑星番号37584の小惑星シュライデン (小惑星)(ドイツ語版)に名を残している。

「マティアス・ヤーコプ・シュライデン」と関連する故人