芸能人・経営者のおくやみ情報

アンリ・サント=クレール・ドビーユHenri Étienne Sainte-Claire Deville

化学者[フランス]

1881年 7月1日 死去享年64歳

純粋な金属アルミニウムは精練が難しく、珍しかったため、発見直後の金属アルミニウムは価格が金よりも高く、1856年にフランスの化学者アンリ・エティエンヌ・サント=クレール・ドビーユが初の工業用精錬法を開発してようやく下がった。1886年にフランスの工学者ポール・エルーとアメリカの工学者チャールズ・マーティン・ホールがホール・エルー法を開発したことでアルミニウムが一般人にも使えるほど広まり、ホール・エルー法は現代のアルミニウム精錬でも使われる。

アンリ・サント=クレール・ドビーユが亡くなってから、140年と158日が経過しました。(51293日)