芸能人・経営者のおくやみ情報

ヤコブス・カプタインJacobus Cornelius Kapteyn

文学者[オランダ]

1922年 6月18日 死去享年72歳

ヤコブス・コルネリス・カプタイン(Jacobus Cornelius Kapteyn, 1851年1月19日 - 1922年6月18日)は、オランダの天文学者である。
天の川銀河の研究を行い、銀河の回転の証拠を発見した。
全天で2番目に大きな固有運動を見せる恒星カプタイン星を発見した。
1902年には、初めて絶対等級の考え方を提唱した。

ヤコブス・カプタインが亡くなってから、99年と171日が経過しました。(36331日)