芸能人・経営者のおくやみ情報

アルフレッド・ラッセル・ウォレスAlfred Russel Wallace

博物学者生物学者、探検家[イギリス]

1913年 11月7日 死去享年91歳

 - ウィキペディアより引用

アルフレッド・ラッセル・ウォレス(Alfred Russel Wallace, 1823年1月8日 - 1913年11月7日)は、イギリスの博物学者、生物学者、探検家、人類学者、地理学者。
「ウォレス」は、「ウォーレス」とも表記する。
アマゾン川とマレー諸島を広範囲に実地探査して、インドネシアの動物の分布を二つの異なった地域に分ける分布境界線、ウォレス線を特定した。
そのため時に生物地理学の父と呼ばれることもある。
チャールズ・ダーウィンとは別に自身の自然選択を発見し、ダーウィンの理論の公表を促した。
また自然選択説の共同発見者であると同時に、進化理論の発展のためにいくつか貢献をした19世紀の主要な進化理論家の一人である。
その中には自然選択が種分化をどのように促すかというウォレス効果と、警告色の概念が含まれる。
心霊主義の唱道と人間の精神の非物質的な起源への関心は当時の科学界、特に他の進化論の支持者との関係を緊迫させたが、ピルトダウン人ねつ造事件の際は、それを捏造を見抜く根拠ともなった。
イギリスの社会経済の不平等に目を向け、人間活動の環境に対する影響を考えた初期の学者の一人でもあり、講演や著作を通じて幅広く活動した。
インドネシアとマレーシアにおける探検と発見の記録は『マレー諸島』として出版され、19世紀の科学探検書としてもっとも影響力と人気がある一冊だった。

関連作品

  • タイトル
    アマゾン河探検記
    種別
    単行本
    著者
    • アルフレッド・ラッセルウォレス
    • Alfred RusselWallace
    • 長沢純夫
    • 大曽根静香
    出版社
    青土社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥2,378
    中古商品
    ¥2,378より
  • タイトル
    マレー諸島
    種別
    単行本
    著者
    • アルフレッド・ラッセルウォレス
    • 宮田彬
    出版社
    思索社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥999
    中古商品
    ¥700より