芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョセフ・ヘンリーJoseph Henry

物理学者[アメリカ]

1878年 5月13日 死去享年82歳

 - ウィキペディアより引用

ジョセフ・ヘンリー(Joseph Henry、1797年12月17日 - 1878年5月13日)は、アメリカの物理学者。
スミソニアン協会の初代会長として、米国の科学振興に尽くした。
生前から高く評価されていた。
イギリスのマイケル・ファラデーとほぼ同時期に電磁誘導(相互誘導)を発見したが、ファラデーの方が先に発表している。
電磁石を研究する過程で自己誘導という電磁気の現象(コイルに逆起電力が生じること)を発見。
電磁誘導(インダクタンス)のSI単位ヘンリーに、その名をとどめる。
また継電器を発明し、サミュエル・モールスやチャールズ・ホイートストンが電信を発明する基礎を築いた。