芸能人・経営者のおくやみ情報

茂田井武 氏

挿絵画家[日本]

1956年 11月2日 死去享年49歳

茂田井武(もたい たけし1908年9月20日(29日とする資料あり)-1956年11月2日)は、昭和の童画画家。
素朴で大胆なデフォルメが特徴で谷内六郎、山本夏彦も絶賛している。

東京日本橋 (東京都中央区) 日本橋の旅館業の家に生まれ。
1926年日本大学第三中学・高等学校 旧制赤坂中学校卒業。
その後、太平洋画会研究所、川端画学校に学ぶ。

1930年にパリへ渡欧。
パリで山本夏彦と知り合う。
1933年に帰国後、1935年頃から雑誌「新青年」に挿絵を描き始める。
1940年に軍属となり広東に渡る。
その後、帰国するが再び招集され終戦は北京で迎える。
1950年に明治製菓宣伝部の嘱託となり広告画を描いた。
1954年に小学館児童文化賞児童絵画賞を受賞。

挿絵は「キンダーブック」等の多数の児童雑誌に掲載されている。

関連商品