芸能人・経営者のおくやみ情報

直原玉青 氏(じきはらぎょくせい)

画家、禅[日本]

2005年 9月30日 死去心不全享年101歳

直原 玉青(じきはら ぎょくせい、1904年8月1日 - 2005年9月30日)は、日本の画家、禅僧、俳人。
岡山県赤磐郡(現:赤磐市)生まれ、兵庫県の淡路島で育つ。
本名は正。
大阪美術学校卒業。
帝国美術展に初入選後、日展に16回入選する。
南画の第一人者。
社団法人日本南画院会長・理事長、現代南画協会理事長、財団法人青少年文化研修道場理事、守口市美術協会会長、青玲社主宰、黄檗宗国清寺住職、俳誌「早春」選者などを務める。
洲本市名誉市民、守口市名誉市民、南あわじ市名誉市民。
52歳の時、「自然の実相が禅」との柴山全慶老師(当時)の言葉に触れ、禅に傾倒。
以来、老師の提唱は欠かさず聞いた。
また当時の村瀬玄妙黄檗宗元管長とも幼馴染みで、臨済宗黄檗宗の僧籍をもつ。
また幼少時代を過ごした淡路島で唯一の黄檗宗の寺、国清庵が荒廃している姿をみて復興を決意、1970年(昭和55年)国清寺として再建させた。
大阪守口の自宅には「芭蕉堂」を建てた。

2005年9月30日、心不全のため死去した。
101歳没。
生前は社団法人日本南画院会長として、「日本南画が中国より発展し、日本風土に適し、水と墨を主体にした世界にも類のない東洋独自の表現様式は、世界に誇るべき独自の芸術である」と日本南画の素晴らしさを語っていた。

関連作品

  • タイトル
    禅の牧牛図
    種別
    単行本
    著者
    出版社
    創元社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥277
    中古商品
    ¥277より
  • タイトル
    俳画の技法・直原玉青
    種別
    単行本
    著者
    • 直原玉青
    出版社
    創元社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥713
    中古商品
    ¥713より

直原玉青さんが亡くなってから、18年と261日が経ちました。(6836日)