芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤六月 氏

政治家、農相[日本]

2006年 2月28日 死去心不全享年79歳

加藤 六月(かとう むつき、1926年6月17日 - 2006年2月28日)は、日本の政治家。
衆議院議員(11期)、国土庁長官、北海道開発庁長官、農林水産大臣を歴任。
来歴・人物 岡山県笠岡市出身。
陸軍士官学校(同期に柳川覚治)を経て1947年に旧制姫路高等学校(現 ・神戸大学)卒業。
姫路高卒業後は笠岡市内の中学校、高等学校の教諭を勤めた。
日教組活動に熱中し、1949年には岡山県教組小田郡支部書記長に就任した。
また青年団運動にも取り組んでいたが、国民協同党への接触を深める中で、1950年、のちに衆議院議長となる星島二郎と知り合い、秘書として仕えた。
1967年に自由民主党公認で星島の後継者として旧岡山2区から出馬し初当選(以降は11回連続で当選。
当選同期に山下元利・増岡博之・塩川正十郎・河野洋平・中尾栄一・藤波孝生・武藤嘉文・坂本三十次・塩谷一夫・山口敏夫・水野清など)。
旧岡山2区には佐藤派の橋本龍太郎もおり、この2人の激しい選挙戦は「六龍戦争」と呼ばれており、小選挙区制が導入されて以降も岡山4区で直接対決をしライバル関係にあった。

関連書籍

かとう-むつき 1926-2006昭和後期-平成時代の政治家。大正15年6月17日生まれ。星島二郎の秘書をへて,昭和42年衆議院議員(当選11回)。第1次中曾根内閣の国土庁長官をはじめ,自民党税制調査会長,農水相,党政調会長などを歴任。ロッキード事件,リクルート事件で疑惑をかけられた。平成5年新生党,6年新進党にうつり,羽田(はた)連立内閣の農水相。10年自由党に所属。12年保守党に参加。同年引退。平成18年2月28日死去。79歳。岡山県出身。姫路高卒。 (引用元 コトバンク)