芸能人・経営者のおくやみ情報

エミール・ヴァン・エルメンゲムÉmile Pierre-Marie van Ermengem

細菌学者[ベルギー]

(ボツリヌス菌を発見)

1932年 9月30日 死去享年82歳

エミール・ピエール=マリー・ヴァン・エルメンゲム(Émile Pierre-Marie van Ermengem、1851年8月15日 - 1932年9月30日)は、ベルギーの細菌学者。
1885年にヘント大学の教授となる。
1896年6月28日に、ボツリヌス中毒の病原体であるボツリヌス菌を中毒を起こしたハムから発見した。
1919年から亡くなるまで、ベルギー王立医学アカデミーの秘書を務めた。
典拠管理 全般 統合典拠ファイル(ドイツ) ISNI 1 2 VIAF 1 2 3 WorldCat 国立図書館 ノルウェー フランス (データ) アメリカ チェコ 科学データベース CiNii(日本) その他 RERO(スイス) 1 SUDOC(フランス) 1 2

エミール・ヴァン・エルメンゲムが亡くなってから、90年と67日が経過しました。(32940日)