芸能人・経営者のおくやみ情報

岡谷繁実(おかのやしげざね)

上野館林藩士、官僚[日本]

(「名将言行録」を執筆)

1920年 12月9日 死去享年86歳

岡谷 繁実(おかのや しげざね、天保6年3月12日(1835年4月9日) - 大正9年(1920年)12月9日)は、上野館林藩士。
通称は鈕吾。
江戸で高島流砲術を学び、その後水戸に遊学し、江戸昌平黌に学ぶ。
幕末、館林藩主秋元志朝が長州藩と血縁関係であったため、勤王家として活動する(尊皇派の公家・高松実村(高松保実の継嗣)の家老)。
安政元年(1854年)から明治2年(1869年)にかけて、戦国時代から江戸時代までの192人に及ぶ武将たちのエピソードを記した『名将言行録』を著述。
経歴[編集] 1835年(天保6年)、山形城内に生れる。
1847年(弘化4年)、家督を継ぐ。
1854年(安政元年)、『名将言行録』起稿 1860年(万延元年)、藩の許しなく上京、朝廷に攘夷を建言し、勅使の東下を請願する。
1861年(文久元年)、無断上京の罪により降格処分を受ける。
1863年(文久3年)2月、世子秋元礼朝の侍講となる。
12月、中老役になり、雄略天皇山陵修復を行う。
1864年(元治元年)2月、征長回避を周旋する。
4月、藩命により長州に赴くが、そのため幕府の嫌疑を蒙り、10月に藩から禄を奪われ蟄居を命ぜられ、武州深谷に居を移す。
1868年(明治元年)、大坂遷都に反対し、蝦夷地経営に適する江戸への遷都を建白した(同年7月、東京奠都の形で実現する)。
高松保実に仕え高松家の家老となる。
小沢一仙とともに草莽義軍の高松隊を結成、参謀となり、甲府へ先着するも無許可出兵であった ……

推定関連画像

岡谷繁実が亡くなってから、103年と225日が経過しました。(37846日)

「岡谷繁実」と関連する故人