芸能人・経営者のおくやみ情報

ハインリヒ・ウィルヘルム・ブランデスHeinrich Wilhelm Brandes

物理学者[ドイツ]

(世界で初めて天気図を作成)

1834年 5月17日 死去享年58歳

天気図 - 特定の時刻の広い地域にわたる天気の状態を数字,記号や等値線を使って 1枚の地図の上に表したもの。1820年,ドイツのハインリヒ・ウィルヘルム・ブランデスによるものが最初。天気図には地上の天気状態を示す地上天気図と,ラジオゾンデやレーウィンなどで観測された上層の大気の状態を示す高層天気図がある。また,地上天気図および高層天気図は,その使用目的によって対象とする範囲が異なる。範囲の広いものから順に,北半球天気図,亜欧天気図,アジア天気図,極東天気図,さらに日本を各地に細分した局地天気図を作成することもある。たとえば,北半球天気図は北半球全体を含むので,広い範囲の気圧配置の大勢をみて数日以上の長期の天気変化を予想する週間天気予報のようなものに使われる。また,極東天気図は日本付近の比較的狭い範囲の様子を知るためのもので,主として毎日の天気予報を出すのに使われる。(引用元・ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

ハインリヒ・ウィルヘルム・ブランデスが亡くなってから、188年と47日が経過しました。(68714日)