芸能人・経営者のおくやみ情報

大西良慶 氏(おおにしりょうけい)

侶・北法相宗[日本]

(清水寺 元貫主)

1983年 2月15日 死去老衰享年109歳

大西 良慶(おおにし りょうけい、1875年(明治8年)12月21日 - 1983年(昭和58年)2月15日)は、北法相宗の僧。
京都清水寺の貫主を務め、晩年は長寿の高僧としても有名であった。
略歴[編集] 奈良県の出身であり、本名は広次、号は「無隠」。
1889年に奈良の興福寺に入り、千早定朝師に従い出家する。
奈良英和学校で英学を学ぶ。
1890年、法隆寺の佐伯定胤に唯識を学ぶ。
1899年、興福寺231世となり、1904年には、法相宗の管長に就任する。
1914年、清水寺住職となるが、興福寺も引き続き兼務する。
1959年、藍綬褒章受章。
1965年、清水寺を本山とする北法相宗を設立、初代の管長に就任する。
法相宗以外の諸宗にも造詣が深く、日本宗教者平和協議会会長など仏教界の要職を歴任した。
良慶節と呼ばれる独特の説法でも親しまれた。
平和・民主・革新の日本をめざす全国の会(全国革新懇)世話人も務めた。
1976年、鹿児島市で生まれた日本初の五つ子の名付け親となった。
NHK政治部記者・山下頼充と紀子夫妻の子どもたちで、5卵生であった。
長男・福太郎、長女・寿子、次男・洋平、次女・妙子、三女・智子と名付けられた。
1979年、男性長寿日本一であった平櫛田中と共に「人間ざかりは百五歳 七十、八十は鼻たれ小僧 わしらの人生これからこれから」を出版。
大西自身ものちに男性長寿日本一となったため、男性長寿日本一同士の共著となった。
1983年、107歳で天寿を全うした ……

推定関連画像

大西良慶が亡くなってから、41年と161日が経過しました。(15136日)