芸能人・経営者のおくやみ情報

津軽寧親(つがるやすちか)

弘前藩主[日本]

(天保4年6月14日没)

1833年 7月30日 死去享年69歳

 - ウィキペディアより引用

津軽 寧親(つがる やすちか)は、江戸時代中期から後期の旗本、大名。
交代寄合陸奥黒石領の第6代当主。
のち陸奥弘前藩の第9代藩主。
生涯 明和2年(1765年)1月17日、陸奥弘前藩分家の黒石領第5代当主・津軽著高の長男として生まれる。
安永7年(1778年)5月6日、4,000石の黒石津軽氏の家督を継ぐ。
この際に、時の本家弘前藩第7代藩主・津軽信寧より偏諱を受け、寧親と改名した。
寛政3年(1791年)、信寧の子で本家の藩主であった津軽信明が若死にしたため、その養嗣子として跡を継いだ(黒石領は長男の典暁が継承)。
藩政においては信明の改革を受け継いで、他藩から開拓者を求めて人寄役を設置し、寛政8年(1796年)には藩校・稽古館を創設する。
寛政9年(1797年)には法令『寛政律』を制定したが、信明には遠く及ばず、信明時代に行なわれていた武士による半農農村復興政策は失敗に終わった。
寛政4年12月28日(1793年2月8日)、西津軽地震発生。
領内に被害が出た。
文化2年(1805年)、蝦夷地の警備における功績により、幕府より高直しが行なわれて7万石、後に10万石の大名となった。

「津軽寧親」と関連する故人