芸能人・経営者のおくやみ情報

逸然性融(いつねんしょうゆう)

渡来[明]

(寛文8年7月14日示寂)

1668年 8月21日 死去享年68歳

逸然性融(いつねん しょうゆう、1601年8月28日(万暦29年8月1日)- 1668年8月21日(寛文8年7月14日))は、中国明末に日本に渡来した僧である。
俗姓は李氏。
逸然は字、性融は法諱である。
浪雲庵王・煙霞比丘・煙霞道人と号する。
隠元隆琦を日本に招聘し黄檗宗の発展に尽くした。
また画僧としても知られ羅漢図・神仙図などの仏画・人物図を得意とした。
北宗画風の新様式を伝え長崎漢画の祖(唐絵の祖)とされる。
門弟に河村若芝や渡辺秀石らがいる。

関連作品

逸然性融が亡くなってから、353年と96日が経過しました。(129029日)