芸能人・経営者のおくやみ情報

石川丈山(いしかわじょうざん)

武士、文人[日本]

(寛文12年5月23日没)

1672年 6月18日 死去享年90歳

 - ウィキペディアより引用

石川 丈山(いしかわ じょうざん、天正11年(1583年) - 寛文12年5月23日(1672年6月18日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、文人。
父は石川信定。
三河国出身。
大坂の陣後、牢人。
一時、浅野家に仕官するが致仕して京都郊外に隠棲し、丈山と号した。
子には石川之昌が、子孫に石川竹厓がいる。
江戸初期における漢詩の代表的人物で、儒学・書道・茶道・庭園設計にも精通していた。
幕末の『煎茶綺言』には、「煎茶家系譜」の初代に丈山の名が記載されており、煎茶の祖ともいわれる。
諱は初め重之、後に凹、通称は初め三彌、後に嘉右衛門、字は丈山、号は六六山人、四明山人、凹凸窠、詩仙堂、大拙、烏麟、山木、山村、藪里、東渓、三足など。

関連作品