芸能人・経営者のおくやみ情報

島田元旦(しまだげんたん)

鳥取藩士絵師[日本]

(谷文晁の実弟、天保11年6月13日没)

1840年 7月11日 死去享年63歳

島田元旦(しまだ げんたん、天明7年(1787年) - 天保11年6月13日 (旧暦) 6月13日(1840年7月11日))は、江戸時代後期の日本の画家であり鳥取藩士。
谷文晁の実弟。

号 (称号) 号を元旦、別号に後素軒、字を朝陽、通称は季充のちに寛輔と称した。
寛政年間に鳥取藩士 島田図書の養子となりその娘を妻として島田姓となる。
幼少の頃から画技に長じており、池田侯に命ぜられて揮毫することもたびたびあった。
家禄500石。
河川の土木事業にも従事して治績を遺している。

享年63。
慶福寺に眠る。

「諸国名所図」栃木県立博物館
渥美国泰『写山楼谷文晁のすべて 今、晩期乱筆の文晁が面白い』里文出版、2001年、 ISBN 4898061729。

吉岡班嶺『谷文晁及其直系』<真偽評価 書画鑑定指針> 帝国絵画協会、大正15年。

「島田元旦」と関連する故人