芸能人・経営者のおくやみ情報

恒松制治 氏(つねまつせいじ)

経済学者政治家[日本]

(元独協大学長)

2011年 7月23日 死去肺炎享年89歳

恒松 制治(つねまつ せいじ、1923年(大正12年)1月21日 - 2011年(平成23年)7月23日)は、日本の経済学者、政治家。
島根県知事(3期)。
第5代獨協大学学長。
連邦制・道州制を提唱。
戦国武将で尼子氏の家臣・立原久綱の後裔にあたる。

恒松 制治氏(つねまつ・せいじ=元島根県知事、元独協大学長)7月23日、肺炎のため死去、88歳。島根県出身。葬儀は近親者のみで行われた。喪主は長男伸治(しんじ)氏。1975年から87年まで島根県知事を3期、92年から93年まで独協大学長を務めた。(2011/08/01-12:16)

関連作品

  • タイトル
    島根県知事恒松制治ふるさとを語る
    種別
    単行本
    著者
    • 恒松制治
    出版社
    山陰中央新報社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,026
    中古商品
    ¥1,026より
  • タイトル
    地方財政論
    種別
    ペーパーバック
    著者
    • 恒松制治
    出版社
    良書普及会
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥30,080
    中古商品
    ¥30,080より

恒松制治さんが亡くなってから、12年と223日が経ちました。(4606日)

「恒松制治」と関連する故人