芸能人・経営者のおくやみ情報

アニー・ジラルド 氏Annie Girardot

女優[フランス]

2011年 2月28日 死去アルツハイマー病享年81歳

アニー・ジラルド - ウィキペディアより引用

アニー・ジラルド(Annie Girardot, 1931年10月25日 - 2011年2月28日)はフランス・パリ出身の女優。
誕生名はAnnie Suzanne Girardot。
来歴[編集] プロデビューは、1954年パリのフランス国立高等演劇学校(コンセルヴァトワール)を卒業後、コメディ・フランセーズの舞台に立った時である。
彼女は、劇団に1957年まで残り、出演の合間には、テレビやラジオ、パリのナイトクラブへの出演も行っていた。
映画には1955年にデビュー、暗黒街での不審な悪女を演じることが多かった。
1956年シュザンヌ・ビアンケッティ賞を受賞。
彼女のイメージが変わるのは1960年出演したルキノ・ヴィスコンティ監督の『若者のすべて』からである。
この作品で共演したレナート・サルヴァトーリと結婚し、死別するまで一緒だった。
60年代初めには、ヴィスコンティやマルコ・フェレーリ監督のイタリア映画の作品に出演、60年代後半はルルーシュ作品に出演するが、70年代は彼女より若いイザベル・アジャーニなどの新人の母親役として活躍した。
だが、60年代、70年代でもコメディ・フランセーズの経験を基にコメディ映画にも出演している。
多数の映画に出演しているが、日本未公開作品が多い。
2011年2月28日、アルツハイマー病のためパリ市内の病院で死去。
79歳没。
主な出演作品[編集] 殺人鬼に罠をかけろ Maigret tend un piège (1958) 若者のすべて Rocco e i suoi fratelli (1960) 悪徳の栄え Le Vice et la vertu (1962) 悪い女 Le Crime ne paie p ……

推定関連画像

アニー・ジラルドさんが亡くなってから、13年と145日が経ちました。(4893日)