芸能人・経営者のおくやみ情報

ネストル・キルチネル 氏

大統領[アルゼンチン]

2010年 10月27日 死去享年60歳

ネストル・キルチネル - ウィキペディアより引用

『』より : ネストル・カルロス・キルチネル(Nestor Carlos Kirchner、1950年2月25日 - 2010年10月27日)は、アルゼンチンの政治家。
第55代大統領。
アルゼンチン南部パタゴニア地方のサンタクルス州リオ・ガジェゴス市生まれ。
父親はスイスからの移民、母親はチリのプンタ・アレーナス出身で、クロアチアからの移民を先祖にもつ。
ペロン党の青年組織に参加し、1966年から1973年までの軍事政権への反対運動に参加。
1970年代初期、ラ・プラタ国立大学で法学を学び、弁護士となる。
70年代後半には軍事政権により2度投獄された。
政界進出 1983年民政に復帰すると、彼は州政府の社会保障部門の長に就任するが、84年に州政府と財政方針について対立して、更迭される。
しかし1987年にはリオ・ガジェゴス市の市長に当選、更に1991年にはサンタクルス州知事に当選した。
キルチネルはサンタクルス州のインフレと財政赤字、高失業率の改善に成功して注目を集める。
当時の大統領は同じペロン党のカルロス・メネムであったが、メネム大統領の新自由主義経済政策に批判的だった。

Nestor Carlos Kirchner アルゼンチンの政治家。 1950年2月25日、生まれ。2010年10月27日、死去。60歳だった。 サンタ・クルス州リオ・ガジェゴス市生まれ。父親がスイスからの移民で母親がチリ出身だが、先祖はクロアチアからの移民である。 クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル大統領の夫。 ラ・プラタ国立大学卒業。 弁護士やサンタ・クルス州知事などを経て、2003年5月25日から2007年12月までアルゼンチン共和国大統領を務めた。 (引用元 Hatena Keyword)

「ネストル・キルチネル」と関連する人物(故人)