芸能人・経営者のおくやみ情報

弥勒祐徳 氏(みろくすけのり)

画家[日本]

2024年 5月16日 死去老衰享年106歳

弥勒 祐徳(みろく すけのり、1919年2月20日 - 2024年5月16日)は、宮崎県内で活動した日本の画家。
西都市にて生まれ、在住も死没地も同市であった。
珍しい名前だが、本名である。
宮崎県立都農高等学校講師、宮崎県美術協会理事。
息子はテレビ宮崎役員の弥勒猛。
精力的に活動を続け、350回を越える個展を開いた。
自宅の近くに展示室『神楽館』を設けており、作品を見ることができるほか、アートカフェや美術館で作品展示を行った。
主に神楽や桜をテーマにする画家として有名。
代表作に、銀鏡神楽(しろみかぐら)で舞われた「山の神」を描いた百二十号の大作など。

関連作品

  • タイトル
    続・神楽を描く みやざきの夜神楽紀行
    種別
    単行本
    著者
    • 弥勒祐徳
    出版社
    鉱脈社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,650
    中古商品
    ¥1,900より
  • タイトル
    木喰さん
    種別
    大型本
    著者
    • 弥勒祐徳
    出版社
    石風社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥3,767
    中古商品
    ¥3,767より

弥勒祐徳さんが亡くなってから、31日が経ちました。